オンガクノリバ

『歌詞をほどく』音楽メディア

原因は自分にある。「以呂波 feat. fox capture plan」がげんじぶ好き・インスト好きの自分に刺さった話

 

 

プロフィール

原因は自分にある。スターダストプロモーションに所属する男性7人組ダンス&ボーカルグループ

 

 

略称は”ゲンジブ”

メンバーは7人

  • 大倉 空人
  • 小泉 光咲
  • 桜木 雅哉
  • 長野 凌大
  • 武藤 潤
  • 杢代 和人
  • 吉澤 要人

2018年にBATTLE BOYSのプロジェクトユニットとして『BATTLE STREET』を結成。2019年7月にはBATTLE BOYSを卒業し、独立した正式のユニットとして活動することを発表。

1か月後の2019年8月にグループ名を原因は自分にある。に改名し、2021年現在も同名で活動している。 

 公式ホームページによると、グループ名『原因は自分にある。』には

「ある物事や、ある状態・変化を引き起こすもとになること。」という意味を持つ“原因”という言葉を肯定的に捉え、この名前の響きのように、インパクトを与え続ける前衛的なユニットとして躍進し、新時代のエンターテインメントを生み出す。

 という意味が込められている。

↓詳しい情報はコチラから

原因は自分にある。公式サイト

原因は自分にある。Official 公式ブログ Powered by LINE

↓グッズの購入はコチラから

商品一覧ページ | ONLINE SHOP スタダ便 | 原因は自分にある。 (plusmember.jp)

 

 

曲紹介

「以呂波 feat. fox capture plan」は原因は自分にある。が、7月7日の七夕に配信リリースした新曲である。

げんじぶはシングルを配信中心でリリースしており、デジタルシングルでは4曲目となる。前作『犬と猫とミルクにシュガー』から2ヶ月での新曲リリース。

リリース日の7月7日は原因は自分にある。結成2周年のメモリアルな日で、インストバンドで数々のドラマの劇伴を務めるfox capture planを迎え、自身のピアノロックを基盤とした世界観に合わせた疾走感の溢れる曲となっている。

 

以呂波 feat. fox capture plan

以呂波 feat. fox capture plan

  • 原因は自分にある。
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

 

感想

正直、インストバンド好き且つアイドル好きの自分にとっては激熱なコラボ。

H ZETTRIOでんぱ組.inc新しい学校のリーダーズとコラボした時、みたいな熱さ。

以前「げんじぶにハマった」という記事を書いて以来、よく聴いているのだが、このコラボは本当に嬉しかった。

そもそも、発表された時点で「間違いなく名曲が生まれるに違いない」と確信を得ていた。

というのも、以前げんじぶの記事を書いた際に、大きな強みの1つとして【独自の音楽性】というのを挙げていた。

久下真音をはじめとした制作陣がピアノロックを中心とした楽曲で世界観を作り上げ、アイドルならではのポップさや男性ならではのアダルトさを演出している。

このピアノロックにfox capture planがばっちりとハマっているため、名曲であることは確定していた。

さらに、fox capture planに歌ものの経験があったこともその確信を深めた要因だった。

youtu.be

 

で、実際のところ曲はどうだったのか。

案の定、名曲でした。

youtu.be

まず安心したのは、制作の布陣。

作詞:久下真音
作曲:岸本亮(fox capture plan)
編曲:fox capture plan
コーラス編曲:久下真音

作曲は完全にfox capture planに任せているが、歌詞の部分は久下真音が担当しているため、いい意味で普段の原因は自分にある。にfox capture planのエッセンスが加わっただけ。

世界観は一切崩さない。

無理なコラボでフォームを崩すこともない、理想のコラボ。

fox capture planの良さであるピアノの軽快且つ重厚なメロディーと、ジャズの複雑さとロックの激しさを合わせたリズム隊。

現代版ジャズ・ロックバンドに相応しい良いとこどりの曲だ。

それにサビ前のスネアとフロアを同時に叩く「ダダダダ」という音とフィルインのタム回しが、一気に加速するサビのいい助走になっている。

fox capture plan『疾走する閃光』とサビ前と同じフレーズ。


www.youtube.com

 

一方の原因は自分にある。はというと曲自体テンポが速く、高音が多いため歌いづらい印象はあったが、色気のあるかっこいい歌声で難なく歌い上げている。

それに吉澤要人の低音ハモリがここに来て覚醒している。

高音を支えるように響く低音があるだけで聴きやすさが違うし、軽快なだけで終わらせずにスッと歌詞が入ってくる。

男らしい低音ハモリの重要性が分かる。

 

 

まとめ

この曲はfox capture planの演奏力が詰まった間奏がたっぷり取られているが、実際のライブで披露する場合のげんじぶがそこでどのようなパフォーマンスが気になる。

曲自体とてもいいのに、げんじぶのパフォーマンスが加わればよりいいものになるに違いない。

(文:つちへん)

 

 

関連記事

 原因は自分にある。に男女問わず惚れる!!1stアルバム『多世界解釈』で魅せる独自の音楽性

www.musicsatand.com

 

 女性アイドルにしか興味がなかった成人男性が『原因は自分にある。』にハマるまで

www.musicsatand.com

 

 原因は自分にある。のポテンシャルと計算されたプロモーション

www.musicsatand.com

 

 

ページ内で使用しているジャケットに関する著作権は各レコード会社、アーティスト等に帰属するものです。
当サイト「オンガクノリバ」ではNexTone(許諾番号ID000006318)の許諾を得て歌詞を掲載しております。