オンガクノリバ

『歌詞をほどく』音楽メディア

YOASOBI『アンコール』歌詞の意味とは?世界最期の日に出会った男女の物語

歌詞

 

『アンコール』

 

アーティスト:YOASOBI

作詞:Ayase
作曲:Ayase

 

明日世界は終わるんだって
君にはもう会えないんだって
またいつかって手を振ったって
叶わないんだよ
仕方ないね
明日世界は終わるんだって
それならもう
その時まで何度でもずっと
好きな音を鳴らそう


薄暗闇に包まれた
見覚えのない場所、目を覚ます
ここは夜のない世界
今日で終わる世界
そんな日にあなたに出会った


好きにしていいと
それだけ残して
何処かへゆく
あなたの音が遠ざかってく
そしてまたひとり
淀んだ空気の中で

 

ありふれたあの日々をただ思い返す
終わりが来ることを待つ世界で
辛い過去も嫌な記憶も
忘れられないメロディーも
今日でさよなら


ひとり車を走らせる
営みの消えた街の中を
明日にはもう終わる今日に
何を願う
何を祈る


何処かから不意に
微かに聞こえてきたのは
ピアノの音
遠い日の音


誘われるままに
呼吸を合わせるように
重ねた音
心地良くて
懐かしくて
幾つも溢れてくる

 

いつしか蓋をして閉じ込めていた記憶
奏でる音が連れてきた思い出
気が付けば止まったピアノ
いつの間にか流れた涙
続きを鳴らそう


ありふれたあの日々をただ思い返す
終わりが来ることを待つ世界で
辛い過去も嫌な記憶も
忘れられないメロディーも
さよならなんだ


今ここで好きなようにただ音を鳴らす
最後の日に二人きりの街で
ありふれたあの日々をただ想い奏でる音が
重なり響く


明日世界は終わるんだって
明日世界は終わるんだって
もしも世界が終わらなくって
明日がやってきたなら
ねえ、その時は二人一緒に
なんて

アンコール

アンコール

  • YOASOBI
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 ↓Amazonでの購入はコチラから

アンコール

 

『アンコール』 MV・曲紹介

 

youtu.be

 『アンコール』は音楽ユニット・YOASOBIの初となるEP「THE BOOK」に収録されている楽曲だ。(発売日は2021年1月6日)

 

同曲は小説投稿サイト「monogatary.com」にて7月に開催された、投稿小説を楽曲化するコンテスト「夜遊びコンテストvol.1」の大賞に選ばれた水上下波著「世界の終わりと、さよならのうた」を原作とした楽曲で、9月発売の書籍「夜に駆ける YOASOBI小説集」に“未発表曲の原作”として掲載されていた。

昨年10月よりGoogle Pixel 5,Pixel 4a(5G)のCMソングに起用されている。

↓原作はコチラから

世界の終わりと、さよならのうた | 物語詳細 - monogatary.com

今回は、そんなsumika『本音』の歌詞に込められた意味を解釈・考察・解説していく。

 

 

『アンコール』解説

原作の小説・水上下波「世界の終わりと、さよならのうた」は6章に分かれて書かれている。

あらすじとしては、

音大生の奏と楽器を集め続ける修也が世界最期の日に楽器が乱雑に置かれた倉庫・通称『楽器の墓場』で共に過ごす

という内容だ。

書き方が奇数章は奏視点、偶数章は修也視点に分かれており、交互に物語が進んだり回想が入ったりするのが面白い。

 

では、それを元にしたYOASOBIの楽曲『アンコール』はどうだろう?

『アンコール』でも原作同様に1番を奏視点、2番を修也視点で分けている。

薄暗闇に包まれた
見覚えのない場所、目を覚ます
ここは夜のない世界
今日で終わる世界
そんな日にあなたに出会った

道端に倒れ込んだところを修也に助けられた奏が目覚めたのは、楽器が集められた薄暗い倉庫・通称『楽器の墓場』だった

という第一章の内容だ。

 

好きにしていいと
それだけ残して
何処かへゆく
あなたの音が遠ざかってく
そしてまたひとり
淀んだ空気の中で

続いて第2章、第3章の内容に入っていく。

ここにいたいと願った奏が、一人きりで倉庫をうろつく。

そして運命のグランドピアノに出会うのだ。

 

ひとり車を走らせる
営みの消えた街の中を
明日にはもう終わる今日に
何を願う
何を祈る

何処かから不意に
微かに聞こえてきたのは
ピアノの音
遠い日の音

第4章

奏を残し、修也は最期の日でありながらもいつものように楽器集めに車を走らせる。

『あなたはここで何をしているんですか?』

奏からかけられた言葉を考えながら。

 

誘われるままに
呼吸を合わせるように
重ねた音
心地良くて
懐かしくて
幾つも溢れてくる

 

いつしか蓋をして閉じ込めていた記憶
奏でる音が連れてきた思い出
気が付けば止まったピアノ
いつの間にか流れた涙
続きを鳴らそう

第6章

キーボードの親友とミュージシャンをやっていた修也。

親友は暴漢に襲われ亡くなり音楽を辞めたが、奏が弾くピアノの音にギターを重ねたことで音楽をやっていたあの日ことを思い出し涙する。

 

ありふれたあの日々をただ思い返す
終わりが来ることを待つ世界で
辛い過去も嫌な記憶も
忘れられないメロディーも
さよならなんだ

サビは奏視点でもあり修也視点でもある。

お互い、つらい過去を抱えたもの同士が魅かれ合い、音楽を通して気持ちを通じ合わせていく。

今ここで好きなようにただ音を鳴らす
最後の日に二人きりの街で
ありふれたあの日々をただ想い奏でる音が
重なり響く


明日世界は終わるんだって
明日世界は終わるんだって
もしも世界が終わらなくって
明日がやってきたなら
ねえ、その時は二人一緒に
なんて

 第6章の最後に修也はこう思っている。

明日本当に世界が終わるのかは分からない。

けれど、どうか終わらないで欲しい。俺は本当に久しぶりに、そう思った。

水上下波『世界の終わりと、さよならのうた』より引用

それは奏も同じだろう。

これから先も2人で一緒にいたい

「終わらないで」の気持ちが詰まった『アンコール』というタイトルだ。

2人の全く違った視点が次第に重なっていく様子を描いた見事な歌詞になっている。

 

 

プロフィール

 

ユニット名:YOASOBI

 

メンバー(写真左→右)

  • ikura(ボーカル)
  • Ayase(コンポーザー*)

 *コンポーザーとは作曲家、作家を表す言葉であり、AyaseはYOASOBIにて作詞・作曲・編曲を始めシンセサイザー・キーボード・サンプラー・マニピュレーターなど楽曲に関してのほとんどを担当している。

名前の由来:"YOASOBI"の命名はAyase。"YOASOBI"はボカロPであるAyaseとシンガーソングライターであるikuraの活動の延長線上にあるもとの考え、それぞれが個人で活動する姿を昼の姿、YOASOBIとして活動する2人の姿を夜の姿と例えて色々な遊び心満載なチャレンジができることを意味している単語として"YOASOBI"と名付けた。

結成:2019年
結成の経緯:ソニーが運営する文章投稿サービス「monogatary.com」のスタッフが「小説を音楽にするユニットをやりたい」とAyaseに声をかけたことによる。後にボーカロイドプロデューサーだったAyaseがSNSに弾き語り動画をあげていたシンガーソングライターのikura(本名:幾田りら)を誘いYOASOBIを結成。

所属事務所:ソニー・ミュージックエンタテインメント

2020年『夜に駆ける』でNHK紅白歌合戦に初出場した。

 

 

”YOASOBI”他の楽曲の歌詞

『夜に駆ける』

www.musicsatand.com

『あの夢をなぞって』

www.musicsatand.com

『ハルジオン』

www.musicsatand.com

『たぶん』

www.musicsatand.com

『群青』

www.musicsatand.com

『ハルカ』

www.musicsatand.com

『怪物』

www.musicsatand.com

 

ページ内で使用しているジャケットに関する著作権は各レコード会社、アーティスト等に帰属するものです。
当サイト「オンガクノリバ」ではNexTone(許諾番号ID000006318)の許諾を得て歌詞を掲載しております。