オンガクノリバ

『歌詞をほどく』音楽メディア

sora tob sakanaのジャケット写真が描く1つの物語

 歌詞

先日、sora tob sakanaの全楽曲の歌詞を考察し"4つのキーワード"から物語が生まれていると紹介する記事を書いた。

www.musicsatand.com

自分も歌詞を考察しながら、sora tob sakanaの魅力を再発見することが出来た。

ただそこでは触れていなかったが、実は「sora tob sakana」という物語を構成するパーツがもう一つだけある。

それが【ジャケット】だ。

ジャケットとはCDジャケットのことで、一般的にはジャケット写真(ジャケ写)と呼ばれることが多い。

sora tob sakanaは通算10枚のCD(シングル5枚・ミニアルバム2枚・フルアルバム3枚)と配信シングル2曲の計12ものジャケットが存在している。

(*「New Stranger」「flash」「ささやかな祝祭」はタイアップのイラストが描かれた通常版が存在するが、今回はアーティスト版を紹介していく。) 

インディーズ時代からメジャーデビュー以降まで、全てのジャケ写を順番通りに並べていくと、そこからも物語が想像できるようになっているのだ。

 

 以下、発売順で並べてある。

夜空を全部

1.夜空を全部

この写真では、"4つのキーワード"で取り上げた物語の始めを表す「海」と憧れの象徴である「空」をバックに撮影している。

これが物語の始まりを表しているのだろう。

魔法の言葉

2.魔法の言葉

曲のポップさに合わせたように、虹が見える「空」が広がっている。

sora tob sakana

3.sora tob sakana

晴れやかな「空」が広がる田舎道を4人が走っている。

cocoon ep

4.cocoon ep

「夜」の遺跡のような場所を電車に乗って通過していく。

sora tob sakana/alight ep

5.alight ep

都会のネオンのようなカラフルな光が広がっている。

sora tob sakana/New Stranger(アーティスト盤/2枚組)「TVアニメ ハイスコアガール」OP

6.New Stranger

昔のことを思い出す。

アルファルド

7.アルファルド

本が舞い上がり、街が遠くに見えている。

sora tob sakana/World Fragment Tour (通常盤)

8.World Fragment Tour

世界を旅している。

sora tob sakana/ささやかな祝祭 (アーティスト盤/2枚組)

9.ささやかな祝祭

明るい森の中で佇んでいる。

流星の行方

10.流星の行方

森の中から抜けようとしている。

sora tob sakana/flash アーティスト盤 (2枚組)

11.flash

3人が海を眺めている。

【Amazon.co.jp限定】deep blue(通常盤)(ブロマイド&ステッカー付き)

 

12.deep blue

3人が海へと帰っていく。

 

これをつなぎ合わせると 

 

海からスタートして、

晴れやかな世界が広がり、

田舎道を駆け抜け、

遺跡を冒険し、

都会に出てきて、

昔を思い出し、

その記憶のページが舞い上がり街から離れ、

世界を旅し、

森をさまよい、

森から抜けて、

海を眺め、

海へと帰っていく。

 

こんな物語が想像できる。

ジャケットですら物語を作る一部となっているのだ。

全てが繋がる

コンセプト、楽曲、ライブ、さらにはジャケット写真ですら「sora tob sakana」という物語を形作る要素になっている。

そう考えると、あの楽曲とあの楽曲、あのジャケットとあのジャケットという風に全てが繋がっているように感じられる。

それがsora tob sakanaの一番の魅力なのだ。

(文:つちへん)

 

ページ内で使用しているジャケットに関する著作権は各レコード会社、アーティスト等に帰属するものです。