オンガクノリバ

『歌詞をほどく』音楽メディア

ukka(桜エビ~ず)「灼熱とアイスクリーム」歌詞/温度で描く"加速する乙女心"

プロフィール

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ukka(@_ukka_official)がシェアした投稿 -

グループ名:ukka (旧グループ名:桜エビ~ず)

 

メンバー(写真左→右)

 

水春
村星 りじゅ
茜 空
芹澤 もあ
川瀬 あやめ
桜井 美里

 

事務所:スターダスト・プロモーション

 

「灼熱とアイスクリーム」

 

ukkaは2018年6月から「12ヶ月連続リリース」というかなり長期スパンの企画をスタートさせた。毎月新曲をデジタル配信にてリリースするというもの。

 

自ら作詞作曲をやるわけではないが、提供でも毎月のリリースはかなりしんどい。

 

彼女たちは無事にそれをやり遂げた。この「12ヶ月連続リリース」で配信された12曲+1曲の全13曲が2ndアルバム「octave」にまとめられた。

Octave

Octave

  • 桜エビ~ず
  • J-Pop
  • ¥1528

Amazonでの購入はコチラから

「12ヶ月連続リリース」で配信された曲の中にはHave a Nice Day!の浅見北斗アカシック理姫ONIGAWARAなど様々なアーティストから楽曲提供を受けていて、どれもukkaの代表曲と言っていいほどの名曲が揃っている。

 

ある日、その名曲揃いのアルバムを電車の中で聴いている時だった。アホまるだしで「いい曲だなぁ~」とぼんやりしていると、ある曲がかかった途端、耳がファーーっとした。雷に打たれるぐらいの衝撃とかではなく。ファーーっとした。

 

それがアルバムの4曲目に収録されている2018年7月配信の「灼熱とアイスクリーム」という楽曲だった。

 

 

メロディもさることながら…

youtu.be

ファーーーとしただろうか?

 

まあ感情の表現は人それぞれではあるが、ギターのカッティングが耳に残る、夏を感じさせるメロディになっている。スッと耳から入って胸に溶けていっていくようなメンバーの伸びやかな声とも見事に合っている。

 

この曲を作曲したのはピオーネという作曲家。「オスグッド・コミュニケーション」や「お年頃distance」と桜エビ~ずのころから楽曲提供を行っている人物だ。

 

ただこのピオーネという作曲家、これだけ素敵な楽曲を作っているのに、先ほど挙げた2曲と「灼熱とアイスクリーム」の3曲しか作っておらず、その上調べても一切出てこない謎の人物でもあるのだ。
このご時世に何も引っかからないなんて逆に凄い。

 

またピオーネは作曲専門で作詞は別の作詞家に依頼をしている。

 

「灼熱とアイスクリーム」はvivid undressのボーカルkillaが作詞を担当していて、全体的に爽やかな歌詞だ。その中でも特にkillaが作詞をした「灼熱とアイスクリーム」の中で衝撃を受けた一節の歌詞がある。

 

『灼熱とアイスクリーム』の歌詞に込められた意味を考察していく。

 

 

歌詞

「灼熱とアイスクリーム」

 

アーティスト名:桜エビ~ず
作詞:KIILA (vivid undress)
作曲:ピオーネ

 

(Baby, give me summer session
Kiss me summer session)

灼熱とアイスクリーム

-25度の退屈を脱ぎ捨てて
加速する太陽と入道雲を見てた

(Ah~)
夏のせいで早く溶けてしまうアイスクリーム
(Nee~)
“おいしい”と“好き”は似てるから恋みたいだ

まさか…ドキドキしてる?

SUMMER DAYS 内緒にしてる
バレたくないんだけどバレたい恋心
君は夏の魔法?
溶けちゃう前に一口だけ…

同じ服を着ても同じ場所にいても
いつもと違うのはなんだかんだ全部君のせいだ

キャラメル・バニラ・チョコレート・ストロベリー
君はどの味が好きですか?
どんな映画が好きですか?
どんな音楽が好きですか?
どんな人がタイプですか?
私じゃダメですか?

あのね、ドキドキしてる

サマーデイズ 内緒にしてる
バレたくないんだけどバレたい恋心
ジリジリと焦がす
この胸が暴走してる

ねぇ、君ってね、なんで君なんですか?
あぁ~、、、君になって私に恋したい

SUMMER DAYS 内緒にしてる
バレたくないんだけどバレたい恋心
やっぱり夏の魔法?
溶けちゃう前に一口だけ…!

キャラメル・バニラ・チョコレート・ストロベリー
君はどんな味が好きですか?
どんな映画が好きですか?
どんな音楽が好きですか?
どんな人がタイプですか?
私じゃだめですか?

(Baby, Give me summer sessoin
Kiss me summer session)

灼熱とアイスクリーム

 

『灼熱とアイスクリーム』=【乙女の複雑な恋心】

 

この曲は【乙女のひと夏の恋】がテーマの1曲となっていると感じた。

 

そのことを念頭に、順序立てて歌詞の考察をしていく。

 

(Baby give me summer session)
(Kiss me summer session)

 

まずはおしゃれな英語詞「夏に私とセッションしませんか」的なことを言っている。
「積極的だな~」とお思いのあなた。実はこの積極性がこの「灼熱とアイスクリーム」では大事になってくるのだ。

 

その後、「♪灼熱とアイスクリーム」というタイトルコールが入り、Aメロへとつながっていく。

 

―25度の退屈を脱ぎ捨てて
加速する太陽と入道雲を見てた

 

この時点で、この曲の主人公である恋をする女の子が『アイスクリーム』と例えられている。

 

では、女の子が『アイスクリーム』ということは、好きな男の子は『灼熱』の象徴である『太陽』なのだろうか?

 

夏のせいで早く溶けてしまうアイスクリーム
おいしい と 好き は似てるから恋みたいだ

 

"「おいしい」と「好き」は似てるから恋みたいだ"

 

この表現が素敵すぎる。この時点ではまだ自分が恋をしていることに気づいていない。なにやってんだよ、早く気づけよ。頼む、気づいてくれ…

 

まさか
ドキドキ
してる

 

気づいたーー!!ここで初めて、自分が恋をしていることに気づくのだ。
ここでAメロの歌詞に戻ってほしい。「太陽」という表現は彼のことも表しているが、実は自らの恋心も表現している。

 

「加速する太陽」は自らの熱い恋心

 

入道雲」は上手く伝わらないもどかしい気持ちを表している。

 

この曲は自らの恋心がアイスクリームにように溶けやすく、灼熱のように燃え上がる。そういった意味で「灼熱とアイスクリーム」というタイトルになったのではないだろうか。

 

サビに入る。

 

Summer days 内緒にしてる
バレたくないんだけど バレたい恋心
君は夏の魔法?
溶けちゃう前に一口だけ…

 

複雑な乙女心を端的に表現した歌詞。
「私の恋心が溶けちゃう前に一回だけでもいいから…」
ここではまだ控えめな様子が窺える。

 

同じ服を着ても 同じ場所にいても
いつもと違うのは なんだかんだ全部 君のせいだ

 

恋をしちゃうとこうなっちゃいますよね~

 

ここまでは自分が恋をしたことに気づいた段階で、まだ控えめ。

 

言うなれば【アイスクリームパート】だ。

 

ここから一気に恋心が加速する。

 

キャラメル バニラ チョコレート ストロベリー
君はどの味が好きですか?
どんな映画が好きですか?
どんな音楽が好きですか?
どんな人がタイプですか?
私じゃダメですか?

 

灼熱パート】に突入した。

 

怒涛の質問攻め。ここで注目したいのは冒頭の「キャラメル バニラ チョコレート ストロベリー」の部分。これはいわゆるタイプのことを表している。次の「君はどの味が好きですか?」は「どんな人がタイプですか?」に通ずる部分があると思う。冒頭と最後に同じ質問をぶつけるほど気になっているのだ。

 

そしてトドメの「私じゃダメですか?」

 

言われたーーーーーーーーーーーーーーーーい

 

先ほどまでとは一転、ここに来て急に積極性が増している。

 

あのね
ドキドキ
してる

 

1番では「まさか」だった部分が「あのね」に変わり、自分の中で留めていた思いが漏れ出てしまっている。たった3文字で、気持ちの変化を正確に捉えている。

 

Summer days 内緒にしてる
バレたくないんだけど バレたい恋心
ジリジリと焦がす
この胸が暴走している

 

後半2行ではっきりと【灼熱パート】を表している。

 

ねぇ 君ってね 何で君なんですか?
あぁ~、、、 君になって 私に恋したい

 

ここで、伝えたい気持ちともどかしい気持ちが混ざる、【灼熱アイスクリームパート】になる。

 

そしてここでの一節。

 

「君になって、私に恋したい」

 

今までの人生で聴いたことのない、あまりにも綺麗な表現に僕の心が震えたのが分かった。

 

非現実的な表現を用いて現実を鮮明に想起させる綺麗な文章だ

 

Summer days 内緒にしてる
バレたくないんだけど バレたい恋心
やっぱり夏の魔法?
溶けちゃう前に一口だけ…!

 

1番と同じサビ。しかし、これは歌詞カードや歌詞サイトで見ないと分からないのだが、最後に「!」が追加されている。1番は控えめだったが、「!」が付いたことで自信の表れている。これにより、この後に来る質問攻めゾーンの「私じゃダメですか?」の意味合いが強くなってくる。

 

「歌」以外の細かいこだわりも欠かさない。

灼熱とアイスクリーム

灼熱とアイスクリーム

  • 桜エビ~ず
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

Amazonでの購入はコチラから

 

アイドルソングを侮ることなかれ

 

「灼熱とアイスクリーム」という対極のタイトルが、【乙女のひと夏の恋】を見事に表している。

 

アイドルソングはライブでの盛り上がりやコールの入れやすさももちろん大事だ。

 

だがアイドルソングの歌詞もぜひ注目して聴いてほしい。

 

3、4分間に詰め込まれた物語も読み解いてみてはどうだろうか?

 

(文:つちへん)

 


 

【記事内での歌詞の引用】

 

「灼熱とアイスクリーム」

 

アーティスト名:桜エビ~ず
作詞:KIILA (vivid undress)
作曲:ピオーネ

 

 

ページ内で使用しているジャケットに関する著作権は各レコード会社、アーティスト等に帰属するものです。